稲沢市よりお届けしてます。

Perlをはじめとしたプログラミング周りのあれこれについて。Perl界のモブキャラとして暗躍します(謎)。

意外と早く必要になりそうなPerl本。

今日は、本屋が開いてる時間に帰ることができたので、
久しぶりにコンピューター書籍コーナーに足を運ぶ。


やっぱり、最近RubyPythonの本が増えてるし、
目立つ場所に置かれている。

言語設計者が日本人のプログラミング言語
Googleが採用しているプログラミング言語という意味では
確かに盛り上がるのかもしれない。


しかし、


Perlフリークの私としては、なんだか悔しかったりする。
Perlの本が増えるように、このブログなんかで非力ながらアッピールできればと思ったり思わなかったり。


それにしても情報というのは面白いもので、
半年以上前から本屋で手に取っていたPerl本でも
今読むと違うものが見えてくる。


以前は、「ふぅーん」だったものが、
「この章を生かして何を作ろうか?」に切り替わった感じ。


ま、成長してるということで。


特に今ほしいなーと思うのが、
『SPIDERING HACK』
Perl クックブック』
Perl ベストプラクティス』

■SPIDERINGは、WEBスクレイピングやスパイダリングを
極めるためにほしい。

Perlクックブックは、先人の綺麗なコードを参考に
エレガントなプログラミングを身につけるためにほしい。

Perlベストプラクティスは、保守管理まで含めて
丈夫で使いやすいプログラミングを身につけるためにほしい。

    • 堅牢性・効率性・保守性なんて言ってるね。


にしても、自分でもビックリしたんだけど、
Perl ベストプラクティス』って
もっともっとPerlに詳しくなってから欲しくなると
思ってたんだけど、そうでもない。

むしろ、早めに身につけておいた方が
後々のプログラミング人生を考えると
ハッピーになれる気がする。



これだから、定期的な本屋巡りはやめられない。